【坂内食堂 喜多方本店】喜多方ラーメンの超人気店舗で食レポ

【喜多方ラーメン坂内食堂 本店】福島県にある人気店舗の食レポラーメン

先日、福島県の喜多方市にある坂内食堂 喜多方本店に行ってきました。

こちらは1958年創業と喜多方ラーメン御三家の筆頭格にも数えられているお店です。数ある喜多方ラーメン店の中でも断トツの人気を誇っている店舗でもあります。

今回は、そんな坂内食堂に行くために喜多方市まで足を伸ばしたので食レポを書きました。最後までどうぞよろしくお願いします。

車で夜に出発。
喜多方市 車
 

喜多方ラーメンの詳細についてはこちらから。
関連記事:福島の人気ご当地麺・喜多方ラーメンとは

喜多方ラーメン坂内食堂の歴史

坂内食堂は1958年(昭和33年5月)に喜多方ラーメンの老舗・上海で修行をした坂内新吾さんによって創業されました。その当時は1杯40円だったそうです。しかしこの40円も当時では高く、人々にとってラーメンは贅沢な食べ物でした。

実際のラーメンの詳細は、スープは豚骨・塩ベースのダシに隠し味に醤油が入り、縮れ麺(多加水麺)で、これに自家製のトロトロチャーシューがのります。
喜多方ラーメン坂内食堂 しなそば

毎日食べても飽きない味をコンセプトに作られたラーメンは、多くの人を虜にし、今や喜多方ラーメンの代名詞的な超人気店に成長しました。

また喜多方市には“朝ラー”という朝からラーメンが食べられる独特な文化があり、坂内食堂でも朝の7時から食べることができます。朝ラー文化が始まった理由は「街中から遊廓が消えて、ラーメン屋の売上が減ったから朝からオープンし始めた」「早朝の農作業を終えたあとにラーメンを食べたいという需要があった」など諸説あります。

ちなみに坂内食堂は全国にある喜多方ラーメン坂内(株式会社 麺食)というフランチャイズ店の母体店舗になります。正確には系列ではなく、麺食のオーナーが坂内食堂の味に惚れ込み、坂内食堂の先代である故・坂内新吾氏に直談判して、“坂内”というのれんを使って全国展開する許可をもらったとのことです。

喜多方ラーメン坂内食堂へのアクセス

今回は車で行きましたが、お店の場所はJR磐越西線の喜多方駅から徒歩で約15分ほど。御清水稲荷神社の隣にあります。

でかい看板があるのでわかりやすいですね。
喜多方ラーメン坂内食堂

入口はこんな感じ。
【喜多方ラーメン坂内食堂 本店】福島県にある人気店舗の食レポ

喜多方ラーメン坂内食堂の店内の様子

店内は昭和を感じるが席数54席(カウンター4席、テーブル30席、座敷20席)と、かなり広々としている。こんだけ席があっても休日だと50〜100人ほど行列ができることもあります。
喜多方ラーメン坂内食堂 店内

厨房が見えるスタイル。先にこちらで注文をします。
喜多方ラーメン坂内食堂 厨房

喜多方ラーメン坂内食堂のラーメン

ラーメンメニューは「しなそば」「肉そば」「ネギラーメン」「ネギチャーシュー」「冷やしそば」「冷やし肉そば」の6種類。それぞれ大盛にもできます。ドリンクも豊富。喜多方にある酒造で造られた日本酒も飲めます。
喜多方ラーメン坂内食堂 ラーメンメニュー

今回は一番ノーマルの「しなそば」普通盛りをオーダー。値段は700円です。
喜多方ラーメン坂内食堂 しなそば

料理が美味しそうに撮れるアプリ、Foodie(フーディー)で撮ってみました。
喜多方ラーメン坂内食堂 しなそば Foodie(フーディー)

調味料はブラックペッパー、ホワイトペッパー、酢、ラー油、七味が常備。
喜多方ラーメン坂内食堂 調味料

味の感想

透明感あるスープは塩味のスッキリとした味わいだが、豚骨なのかチャーシューなのか、肉の味がすごく滲み出てうまい! フランチャイズの坂内とは味がやや違います。できれば、この肉の味を堪能してほしいので、コショウはかけずに食べてほしい。

麺はもちもちとした平打ち麺でスープとの相性も抜群。

坂内といえばチャーシュー。トロトロとしたチャーシューは絶品モノ。チェーン店よりチャーシューは分厚いし、大きい。量は多いが肉汁あふれるチャーシューを堪能できる「肉そば」をぜひオーダーしてほしいところ。

喜多方ラーメン坂内食堂の通販について

もし坂内食堂のラーメンが食べたい方は、ネットで手軽に通販できます。

喜多方ラーメンを代表する超人気店

 
店で食べた味があまりにうますぎて私も取り寄せました。
喜多方ラーメン坂内食堂 通販

自宅だと好きな具材をオリジナルで盛り付けられるのがいいですよね。お店だと白ネギとチャーシューだけなので。
喜多方ラーメン坂内食堂 インスタント

お店で食べるのと同じくつるつるモチモチの縮れ麺が最高です。それに小麦のよい香りがします。
喜多方ラーメン坂内食堂 麺

ちなみに残ったスープは再利用できます。
喜多方ラーメン坂内食堂 ラーメンスープ

米を炊くとき水の代わりにスープにするだけ。チャーシューもあれば、さいの目切りにして入れます。
坂内食堂 スープごはん

しっかりご飯にスープの味が染みた炊き込みご飯の完成。ちなみに他の醤油ベースのラーメンでも、だいたいうまくできます。
坂内食堂 スープごはん

まとめ

●どういうときにオススメ?
・喜多方の一番人気店で食べたいときに
・一人または家族での食事に
・行列がある可能性があるので時間があるときに

●本日の5つ星評価

(文句なしにうまい。すべてのバランスよし)
(適量。男性だと大盛でも大丈夫)
コスパ(普通の料金)
接客(マイナスがない接客)
雰囲気(昭和チックな雰囲気)
立地(駅から15分ほど歩く。車だと5分)

5つ星評価の基準はこちらから。
関連記事:【食べ歩き】5つ星評価の基準

●総評
今回は創業60年以上の喜多方ラーメン「坂内食堂」を訪れました。全国にある喜多方ラーメン坂内の本店でもあります。

私、全国にあるチェーン店の方も好きなんで、坂内食堂はいずれは訪れたかったお店でした。やはり本店だけあってチェーン店よりうまかったです。
※チェーン店も十分おいしい

ぜひ喜多方に来た際は、このお店と他のお店も回ってみてください。ちなみに喜多方市にあるラーメン屋は120軒で、人口比率に対して日本一ラーメン屋が多い市だそうです。

市内は蔵も多い。
喜多方市 蔵の町

●訪問した店舗の情報
店名:坂内食堂 喜多方本店
住所:福島県喜多方市字細田7230番地
電話番号:0241-22-0351
営業時間:7:00~18:00
定休日:木曜日
行き方:JR磐越西線の喜多方駅から徒歩15分
その他:喜多方ラーメンの代名詞的なお店
※店舗情報は変更される可能性があるので、詳しくは店舗にお問い合わせください
 

喜多方ラーメンを代表する超人気店
この記事を書いた人:食王
食王プロフィール
世界中のご当地グルメを発掘・ご紹介するべく日夜、どこかしらへ旅に出ている美食ハンター兼ライター。今まで雑誌・食系サイトなど各媒体でご紹介した美食はおよそ500以上。このサイトのコンセプトは“本物の美食を紹介する”こと。ですので、この料理を取材してほしいなどあれば、お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。
» このサイトについて
ラーメン 福島
この記事をシェアする
食王をフォローする
食王